miniDVについての研究ページ

高画質が良いならHDカメラがおすすめ

miniDVとHDカメラの違いとしては、まず最初に挙げられるのがminiDVよりHDカメラの方が高画質だということでしょう。解像度に違いがあるので、どうしても画質に差がつきやすくなっています。その画質については圧倒的にHDカメラの方が良いので、高画質なものが良いという方はminiDVではなく、HDカメラを購入するのがおすすめです。ただHDカメラは重いので、使い勝手があまり良くないこともあります。どうしてもサクサク作業をすることが難しくなるので、スムーズに作業をしたいなら、miniDVを選ぶのが良いかもしれません。

どの程度画質に違いがあるの
miniDVとHDカメラの違いは、その解像度と言うことができます。数値として表すことは難しいですが、テレビがアナログから地デジに変わったくらいの画質なら、アナログでも良いという方もいるかもしれません。ただ、解像度にこだわりいがあり、より鮮明さを求めるなら、HDカメラの方がおすすめです。もちろん、miniDVのものが明らかに画質が悪いわけではなく、HDカメラと比較すると画質が劣るというだけなので、そこまで気にする必要はないでしょう。ただ、圧縮を沢山してしまうと、どうしても画質が劣ってしまうので、注意するようにしましょう。

思い出をしっかりとDVDなどに焼くため
おすすめなのはHDカメラで撮影したものをDVDにダビングする方法です。ただ最近ではより画質の良いブルーレイなどもあるので、データはしっかりとパソコンなどにきちんと残した上でDVDに焼き、ブルーレイにもダビングができるようにしておけば非常に便利でしょう。子供の成長記録や結婚式での思い出などを撮影したものは記念にもなるので、DVDやブルーレイにダビングしておくことがおすすめです。少しでも画質が良いもので残したいなら、HDカメラで撮影して保存しておくと良いでしょう。焼き増しは、DVDコピーサービスで代行してくれるようです。